オンラインカジノ四方山話

他のギャンブルと同じ点・違う点

オンラインカジノに対する不安

オンラインカジノを利用する際にもっとも気になるのが違法にならないかどうかということでしょう。
オンラインカジノで大きな金額を獲得出来ても、その後摘発され逮捕されることになってしまったら、得たお金を失うどころか、人生そのものを失いかねません。
ネットでオンラインカジノについて調べてみると、合法だというサイトもあれば、違法だとするサイトもあり、利用する方にとってはそうした不確かな情報に不安を感じてしまうことでしょう。

オンラインカジノの法的位置

それでは実際のところは、オンラインカジノは合法、違法どちらになるのかというと、答えはそのどちらでもありません。
日本のギャンブルに対する法律である賭博罪にはインターネットに関しての記述がありません。これは賭博罪自体が古い法律であるためです。制定されたのは明治時代であるため、インターネットに関しての記述がないのは当然です。

しかし、その後改正されることなく現在に至っているので、記述がないということはインターネットを利用したギャンブルは賭博罪では裁けないということになります。
そしてさらに賭博罪がオンラインカジノに適用されない部分があります。

賭博罪は基本的にはギャンブルを提供する胴元を取り締まるために作られた法律です。そのため、お金を扱う胴元とお金を賭けるプレイヤー両者がいてこそ成立します。
オンラインカジノの場合、胴元は海外にあり、さらにその胴元は国からの運営許可を得ているので、安全性、信頼性については確かなものがあります。
ですので、オンラインカジノの存在自体には、どこにもやましいところもなければ、危険な部分もないのです。
こうしたオンラインカジノのしっかりとした運営もまた、利用にあたり違法にはあたらない部分の1つです。

他のギャンブルとの違い

日本ではっきりと合法と認められているギャンブルは国が運営している競馬、競艇、競輪、オートレースのみです。
生活のすぐ側にあるパチンコや麻雀にしても、オンラインカジノと同じく合法と違法の間にあります。
パチンコは三店方式と呼ばれる利用と換金を切り離すことで賭博罪を上手にすり抜けていて、麻雀に関してはお金を賭けた時点で違法となるのですが、面白半分にお金を賭けているのが現状です。ですが、公然性がないため逮捕者が出たという話を耳にすることはありません。

パチンコや麻雀を利用するのとオンラインカジノの利用はそう変わりありません。
これまでに逮捕者が出たこともありましたが、結果不起訴となっているので、やはりオンラインカジノの利用を法律で取り締まることが出来ないのが現状です。

唯一いつでも遊べるギャンブル

オンラインカジノの場合は、ギャンブルを遊ぶ時間が制限されていません。24時間いつでもゲームをプレイして、稼ぎを得ることができる状況にしています。他のギャンブルは、制限時間が用意されています。店が営業している時間だったり、その競技が開催されている時間などによって、一定の制限を設けて遊ぶ形になります。

競合するギャンブルが日本にはない

24時間ギャンブルを開催している店はありません。競技についても、24時間できない設定となっています。深夜の時間は、ギャンブルの開催ができないように設定されているために、どうしてもできることが制限されてしまいます。最近では、競輪が深夜に近い時間帯で競技を行っているのですが、これも一定の時間までに制限して行っているものです。
オンラインカジノでは、24時間いつでもプレイできる設定としています。ゲームはプログラムによっていつでも稼働できる状況を作っているので、オンラインカジノのサーバーが停止していない限りはゲームを遊ぶことができます。ゲームを遊びたいと思っている時に、サーバーが停止しているなんてことが怒らないように、定期的にメンテナンスを行ってサーバーの状態をしっかりとチェックしています。
日本とは異なり、オンラインカジノは海外にサーバーを置いていますから、海外の法律に沿って展開しています。オンラインカジノはルールを守って、出来る限りゲームを遊びやすいようにしているので、日本のユーザーは24時間遊ぶことが可能になっているのです。

ライブゲームだけは別

オンラインカジノが用意しているライブゲームですが、ディーラーの管理の問題もあり、一定の時間に制限されています。ディーラーを多く抱えているところなら、オンラインカジノを持っている国が深夜帯だったとしても、遊べるようにしていますが、大半のオンラインカジノは一定の時間に制限して、ディーラーにも休むことのできる時間を作っています。
人が動くことになるライブゲームは、どうしても疲れなどの問題があり、ディーラーが正しい行動を取れない恐れもあります。不安を解消するためには、一定の時間は休ませるようにして、ライブゲームを停止することです。
オンラインカジノとしては、ライブゲームも24時間稼働させたいところです。ただ、ディーラーの都合などによって、できないのが現状にあり、稼働させるためには相当な覚悟を持って取り組むことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です