オンラインカジノ四方山話

カジノカフェは摘発や逮捕されます

カジノカフェ(インカジ)とは

カジノカフェ(インカジ)は、お客さんがインターネットカフェのような空間で、オンラインカジノをプレイするカフェのことです。
先に言いますと、これは違法です。
インカジはインターネットカジノの略で、裏カジノや闇カジノと同様の類いです。

カジノカフェではお客さんが店舗でポイントを購入し、そのポイントでカジノをプレイします。
その後後店舗ですぐに、現金に換金できます。
これが日本国内で賭博をしていることになり、賭博罪に触れ違法となります。

さらに、高額な掛け金の設定やイカサマが行われているとも言われています。
賭博罪は基本的に運営側を罰するためにありますが、カジノカフェのプレイヤーも罪に問われることがあります。
2019年にもいくつかのカジノカフェが摘発されており、東京オリンピックが開催される時には、取り締まりがより強化されるのではないかと考えられています。
カジノカフェ(インカジ)とは

インカジとオンカジ

インカジの他にオンカジという言葉もあります。
先ほども言ったとおり、インカジはインターネットカジノの略です。
対してオンカジはオンラインカジノの略です。
インターネットとオンラインで言葉は似ていますが、意味は違うので注意が必要です。

オンラインカジノはインターネット上でプレイできるカジノのことを言います。
オンラインカジノは店舗を持たないのです。
オンラインカジノを個人のパソコンやスマートフォンでプレイするのは違法ではありません。

換金もオンライン決済などで行われることがほとんどです。
そのため、オンラインカジノは海外での取引とみなされるので、違法となりません。
インカジとオンカジは似た言葉ですが、インカジは闇カジノで違法あり、オンカジは違法ではありません。

また、インカジでプレイされているオンラインカジノと個人でプレイするようなものに違いはほぼありません。
ではなぜインカジにお客さんが行くのかというと、手続きや入出金の手間が省けるからです。
たしかにその日に現金にできるのは便利に思われるかもしれません。

インカジとオンカジ
しかし、違法は違法です。
インカジに行ってはいけません
一般的な方法でオンラインカジノを楽しむことが大切です。

カジノカフェの利益

違法とされるカジノカフェの利益がどこから出ているのか説明します。
まず店舗は多額のお金を払って、オンラインカジノのVIP会員となっています。
VIP会員となることで、オンラインカジノの口座を自由に操作できるようになります。

カジノカフェ専用のオンラインカジノと契約し、システムを購入しているのです。
店舗側はその後、1ポイント50~70円ほどでポイントを購入します。

そのポイントをカフェに来たお客さんに1ポイント100円ほどで販売します。
この差額が店舗側の利益となります。
つまり、ポイントの転売で利益を得ています。
転売自体は賭博法違法ではありませんが、カジノカフェではプレイ後に現金への換金が行われるため、賭博法違法となります。

過去の摘発・逮捕

過去の有名な摘発・逮捕例を紹介します。
2006年に京都府の河原町にある雑居ビルで運営されていた「ゴールドラッシュ」というカジノカフェが摘発されました。
過去の摘発・逮捕

提供されていたオンラインカジノ自体の運営はフィリピンで行われていました。
運営元が合法的に海外にあっても、日本国内の店がオンラインカジノを利用して賭博行為を行っていた、とされるのです。

また、店舗側はお客さんに対して「オンラインカジノは違法ではない」と伝えていたようです。
たしかにオンラインカジノは違法ではありません。

しかしカジノカフェは違法です。
お客さん側もこのような口車に乗せられないよう注意が必要です。
摘発に関する判決では、運営者は賭博罪よりも罪の重い常習賭博罪に確定しました。

運営者だけで無くお客さん側も賭博罪に確定しました。
このようにお客さんも罪に問われます。
この摘発以降日本国内のカジノカフェが次々と摘発され、運営者も逮捕されてきました。

繰り返しになりますが、オンラインカジノの摘発というわけではありません。
オンラインカジノを利用した賭博行為を摘発したのです。

またこのように逮捕されるとき、警察は突然来ます。
先ほど紹介した2006年の事件も長期間の内偵捜査により状況証拠を集め、確信のある現行犯逮捕となりました。

カジノカフェでの容疑が見つかれば逮捕状を取って捜査を進め、逮捕することもありますし、現行犯で逮捕することもあります。
時には朝になってから逮捕されることもあります。

運営者を店舗まで連れていき、捜査をしてから逮捕するのです。
カジノカフェの摘発は非常に慎重に行われているのです。

しかし、利益が出ていない場合やカジノカフェを始めようとしている段階では摘発されません。
摘発されるのはあくまで実態が現れてからです。

カジノカフェの現在

全国での摘発によりカジノカフェの数は非常に少なくなりました。
しかし現在でも繁華街などにカジノカフェやカジノバーはあります。

ただ、これらのすべてが違法というわけではありません。
現在には違法でないカジノカフェがあります。

違法でないカジノカフェというのは、店舗にディーラーがいてテーブルゲームを楽しめるようなカフェのことです。
カジノの雰囲気を気軽に感じられるカフェです。

これはギャンブルではないため、ゲームに勝っても負けても現金のやり取りはありません。
違法なカジノカフェと違法でないカジノカフェを混同しないようにすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です